先輩社員の声

1年目で1プロジェクトを任された経験は、仕事に対する自信につながりました。

インフラエンジニア 2018年入社

最適なIT環境を作り上げる!
~インフラエンジニアのお仕事とは~

主に物理サーバ仮想サーバの構築を行っています。
アプリケーションの導入も行いますが、セキュリティソフトや監視ソフトなど多種多様です。お客様の要望に最適なアプリケーションを提案することが重要になります。


【主な作業】
・案件毎に様々なOS、アプリケーションの導入を行う
・要件定義、設計書の作成(概要・詳細設計)、サーバ構築、サーバ構築後のテスト


サーバ構築完了までには、要件定義〜構築後のテストまで数段階のステップが存在します。全てのステップをこなしたのち、サーバ構築が完成します。

まだまだ難しいと感じているので、勉強が必要です。現在はひとつずつ理解を深めている最中です。

教えてもらう立場から、やり遂げる立場へ
~1年目の大きなステップ~

入社1年目の終盤、1案件を1人でやり遂げた事があります。その時は、素直に"やり遂げることが出来た"という事が嬉しかったです。

入社当初は、先輩社員のフォローをしながら業務内容を学ぶ事が多かったので、1人で案件を任されたときは不安もありました。実際、作業中に苦戦したこともありましたが…。1人で作業を完了出来た時、とても達成感を感じました。今まで以上にスキルが身に付き、数段階成長できたように思います。

この経験がベースとなり、多くのメンバーで作業を行う際も、以前よりスムーズに作業に取り組めるようになりました。今では一戦力として業務を支えていると感じています。
 

「こういうエンジニアになりたい!」
~やってみたい!と実現できる環境のフィット~

「ITエンジニア」と聞いて最初に思い浮かぶ業種は、"プログラマー"や"システムエンジニア"等ではないかと思います。ただ私は、就活の段階で"インフラエンジニア"を希望していました。

就職活動中、インフラエンジニアの募集は一般的に少ない状態でした。どこならやりたいことができるのか調べていたところ、当社を見つけました。

会社説明会に足を運び、「インフラエンジニアになりたい」と希望を伝えてみたところ、ふたつ返事で「大丈夫ですよ!」と承諾をいただきました。それがきっかけとなり、面接を受けました。

そこからはとんとん拍子で内定をいただき…現在は希望通りインフラエンジニアの業務に日々取り組んでいます。

自分の気持ちをぶつけよう。
~就活は等身大の自分を見せることが大事~

入社してから後悔するのはもったいないので、まずは自分がやりたいことを率直に伝える事が大切です。

そこで駄目だとしても、「入社する前に気づけて良かった」と思い、次に活かせば良いです。"自分がやりたいこと""会社が求めているもの"がマッチした時は、入社後も楽しく仕事ができると思います。

迷ったときは、本当にやりたいことが何なのか、今一度考える時間を設けてみてください。
 

人材の教育と育成、ITソリューションでお客様に貢献します

お問い合わせはこちら